STC ブログ

2018.10.24

20数年振り

今年、久しぶりに一眼レフカメラを買いました。以前に買った一眼レフはフィルムのEOSでしたので、実に20数年振りってことになります。
小学生になった息子の運動会を記録するため、というアリガチな目的でございます。
ド素人ですので、エントリー向けのAPS-Cサイズにしました。

さて、運動会なので望遠レンズが欲しいわけですが、砂埃の舞う校庭でのレンズ交換は避けたいところ。そもそも、めんどいですし。
だいたい、子供はじっとなんてしてませんので、レンズを交換する暇もありません。
ということでダブルズームキットはやめて、「18mm-200mm」の便利ズームレンズにしました。35mm判換算で「27mm-300mm」です。
これなら広角から望遠まで一本でいける!大きさもほどほど!

という感じで、目的だった運動会も無事記録できました。
その後も、出かけるたびに持ち出して、ちょいちょい撮影するようになりました。
レンズ交換せず、一本でなんでも撮れるのはお手軽でいいっすねー。
常に動き回っている子供を撮るのにちょーどいい感じ。

なんですが、人間とは欲深いもので、使うに連れていろいろと欲望が出てきます。
単焦点レンズ面白そう!明るい単焦点レンズが欲しい!
10mmとか14mmなどの超広角レンズも面白そう!
小学校の校庭は広いので200mmでは足りん!400mmくらい欲しい!
そうなるとAPS-Cサイズではダメか!フルサイズか!

ぐぬぬぬ。。。

by y

Copyright (C) SYSTEMTOOL CO.,Ltd All Rights Reserved.