STC ブログ

2018年10月

2018.10.24

20数年振り

今年、久しぶりに一眼レフカメラを買いました。以前に買った一眼レフはフィルムのEOSでしたので、実に20数年振りってことになります。
小学生になった息子の運動会を記録するため、というアリガチな目的でございます。
ド素人ですので、エントリー向けのAPS-Cサイズにしました。

さて、運動会なので望遠レンズが欲しいわけですが、砂埃の舞う校庭でのレンズ交換は避けたいところ。そもそも、めんどいですし。
だいたい、子供はじっとなんてしてませんので、レンズを交換する暇もありません。
ということでダブルズームキットはやめて、「18mm-200mm」の便利ズームレンズにしました。35mm判換算で「27mm-300mm」です。
これなら広角から望遠まで一本でいける!大きさもほどほど!

という感じで、目的だった運動会も無事記録できました。
その後も、出かけるたびに持ち出して、ちょいちょい撮影するようになりました。
レンズ交換せず、一本でなんでも撮れるのはお手軽でいいっすねー。
常に動き回っている子供を撮るのにちょーどいい感じ。

なんですが、人間とは欲深いもので、使うに連れていろいろと欲望が出てきます。
単焦点レンズ面白そう!明るい単焦点レンズが欲しい!
10mmとか14mmなどの超広角レンズも面白そう!
小学校の校庭は広いので200mmでは足りん!400mmくらい欲しい!
そうなるとAPS-Cサイズではダメか!フルサイズか!

ぐぬぬぬ。。。

by y

2018.10.10

猛暑なのにカキ氷の季節が終わってしまっていてがっかりした話

おつかれさまです。

普段は家から一歩も出ない私ですが、
台風一過の暑さにやられ、一人遠出をしてきました。
原宿は良いですね。
特に竹下通りのかわいさはとても心地がいいものでした。
一方で、新宿は街の性質上、ビルばかりが目立ち、道行く人も少なく、
完全な私見ですが、長居したい場所ではありませんでした。
夕暮れを過ぎた頃はまた違うのでしょうけれど、近寄り難い世界ではあります。
様々な背景から、将来への不安や、生きることへの閉塞感が満ち溢れた現代においては、
若者を中心にSNS等を通じて自己顕示欲を満たすことが生きる糧となりつつあり、
見た目の楽しさ、遊び心、かわいさが尊ばれる時代なのだと常々感じております。
本来は社会が変わるべきなのでしょうが、一度不信感の生まれた社会では難しいのでしょうね。
私どもは技術者であり、デザイン分野においては力不足を否めませんが、
こういった部分に何か役立てることはないか考えてゆきたいと思います。
                                                                                                              by diasan
Copyright (C) SYSTEMTOOL CO.,Ltd All Rights Reserved.